ミノキシジルの副作用まとめ

ミノキシジルの副作用まとめ

 

発毛剤のリアップ(X5)などに含まれている有効成分として「ミノキシジル」と呼ばれているものがあります。
ミノキシジルは医薬成分であり、育毛剤に含めることはできません。
ミノキシジルが入っているものは、「発毛剤」扱いになってしまうのです。

 

ミノキシジルには、確かに発毛作用があります。全員に効果があるわけではありませんが、医学的にも発毛作用が認められています。

 

しかし、大きなデメリットが有ります。それは副作用です。
継続的な利用ができない重篤なものも有るので、利用前にかならずチェックしておかなければなりません。

 

こちらでは、ミノキシジルの代表的な副作用を3つ紹介します。

 

 

 

低血圧の症状が引き起こされてしまう

 

血管が拡張されることによって低血圧になる

 

ミノキシジルの大きな作用として血管拡張、といったものがあります。頭皮などの血管を開くことによって、髪の毛に栄養を送りやすくするわけです。しかし、考えてみてください。薬剤によって急激に血管が拡張されてしまうのです。問題が起こってしなわないわけがありませんよね。

 

 

特にミノキシジルタブレットに注意しよう

 

リアップは塗布型のミノキシジル含有の発毛剤です。塗るタイプのミノキシジルの他に、飲むミノキシジルがあります。飲むミノキシジルのことを「ミノキシジルタブレット」と呼んでいますが、こちらは全身に作用してしまいます。全身の血管を拡張してしまうのです。その結果、より低血圧を重篤なものにしてしまうのです。

 

ひどい場合には、倒れてしまうこともあります。血管が開き過ぎることで、脳に送られる血液の量が足りなくなってしまいます。貧血のような状態で倒れこんでしまうのです。

 

ミノキシジルタブレットを利用している人の多くに起こっている症状なので、十分に注意して下さいね。仮に運転中に、貧血のような症状が出てしまったらどうでしょうか。命にもかかわるかもしれませんよ。

 

※低血圧の症状の一環として、「動悸」や「息切れ」といったものもあります。

 

ミノキシジルの副作用

 

頭皮トラブルが起こってしまう

 

ミノキシジルには刺激がある

 

塗布型ミノキシジルによくある副作用例です。塗布したところに、赤く炎症が起こってしまうのです。

 

そもそも、ミノキシジルは薬剤なので、全く刺激がない、といえば嘘になります。敏感肌の方には、きつい肌トラブルが起こってしまうかもしれません。また、頭皮ニキビがある時には、悪化させてしまう可能性もあるのです。

 

頭皮トラブルがある時には利用できない、といったデメリットが塗布型ミノキシジルにはあります。

 

 

頭皮トラブルの発症率と濃度

 

ミノキシジルには、1%や5%、10%や15%といったものがあります。パーセンテージは、ミノキシジルの濃度を示しています。もちろん、数字が高いほうが発毛効果は高いことは事実です。

 

しかし、濃度が高いミノキシジル含有の発毛剤を利用すると、より頭皮トラブルが起こりやすいことが分かっています。1%を使っても頭皮に問題がなかった方が、5%を使ったら頭皮が傷んでしまった、なんてことも実際にあるわけです。効果が高いものに手を出そうとすればするほど、リスクにさらされてしまいます。

 

ミノキシジルの副作用

 

 

多毛症が発症してしまうかもしれない

 

ミノキシジルタブレットに起こりがち

 

ミノキシジルタブレットは、経口タイプなので全身の血行を良くする効果があります。全身の毛に栄養が送られやすくなるので、ムダ毛が濃くなる、といったデメリットも有るのです。

 

男性でも最近では無駄毛の処理をしています。すね毛や胸毛が濃いのは嫌、といった女性もいるわけですよね。しかし、ミノキシジルタブレットを利用すると、すね毛や胸毛が濃くなってしまう可能性もあるのです。

 

ミノキシジルの副作用

 

 

 

ミノキシジルと似た作用がありつつも、副作用の心配がない成分とは

 

キャピキシルに注目

 

ミノキシジルに似た成分が近年になって開発されました。その成分とは、「キャピキシル」といいます。

 

キャピキシルとは、ミノキシジルとは違って自然界にある植物の成分とアミノ酸によって作られているのです。
副作用の心配がありません。それでいて、ミノキシジルよりも3倍もの育毛効果があると実証されているのです。

 

ここまで紹介した3つの副作用はどれも強烈な印象を残したと思います。ミノキシジルを使ったリスクの高い育毛をするのではなく、安全性の高い育毛成分である「キャピキシル」を有効活用してみませんか。

 

ミノキシジルの副作用

 

 

キャピキシルを含んだ育毛剤の中でおすすめのものは?

 

Deeper3Dをおすすめです!

 

Deeper3Dであれば、キャピキシルを5%含んでいます。高濃度で利用できるわけです。
もちろん、高濃度だからといって成分に危険性がないので、安心して利用できますよ。

 

ミノキシジルの副作用

また、Deeper3Dはキャピキシルだけではありません。
血行を促進させる成分や頭皮環境を整える機能まで期待できるのです。

 

単に髪の毛を太くしたり長くしたりするのではなく、髪の毛を総合的にサポートする環境づくりも考えています。
ここまでハイレベルな育毛剤はなかなかありませんよ。
髪が生える育毛剤でも評価されています。

 

 

 

 

 

ミノキシジルの副作用

 

 

 

参考:成長因子配合とキャピキシル配合のDeeper3D|育毛剤の通信簿